2017
24
Dec

西麻布イタリアン

レンガ探し

西麻布のイタリアンレストランの内装に使うレンガを探して

いろいろなメーカーのレンガを見て廻っています。

今回のレストランは素材の力を生かした料理を特長と

しているため、内装材のレンガにも素材としての強さが

あるものを使い、それが空間の雰囲気を作るようにしたい

と考えている。

最近の建材全般に言えることですが、本物の素材に似せて

樹脂やセメントで作ったフェイク建材がかなり多く

違和感や魅力の無さを感じることが多い。

そんななか、オランダなどで使われているレンガを

輸入して販売している会社の倉庫へうかがい商品を

見せてもらったら、土の質感、表情、粗さ、強さを

感じる魅力的なものたちに出会えた。

下の写真はその一部。

海外のレンガは土の成分や混ぜ方がいい意味で大雑把で

それがこのように多様な色、質感が出ると教えてもらった。

日本のレンガは完全に均一になった土を焼くからどこを切っても

同じ表情。国民性がこんなところにも現れて面白い。

レストランに使う候補のレンガ。素材の強さを感じた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加