2018
3
Sep

未分類

ボロボロ階段室

自宅の木造階段室がボロボロです。

耐久性とか今ほど意識の高くなかった30年以上前

父が木の構造体を現しでガラス張りの階段室を設計しましたが

やはり長持ちはしませんでした。

建築家の表現として危険な納まりをすることは良くありますが

自分はそういうことは望みません。

このような階段室や、コンクリート打ち放し無断熱の家で生活し

とても苦労し、ストレスを感じたから。

断熱や耐久性などの必要最低限の性能は備えつつ

自然を感じる豊かな環境であったり、施主の生活スタイルから

生まれる楽しい空間を追求して行きたい。

用は楽しくて幸せな場所を作り出したいです。

この階段室も近々リノベーションして子供部屋を作ります。

軽くて耐久性のあるガルバリウム鋼板の外壁で構造体の木を守り

断熱材をしっかり入れて、余計なストレスのない必要な機能を

作ります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加