2019
4
Dec

t house renovation

土間の断熱・庭園

玄関床のコンクリートが打設されました。

構造体の床スラブと玄関のコンクリートの間に

断熱材をはさみ、室内の熱が地中へ逃げていくのを防ぎます。

玄関は寒いという昔の常識はなくし、家中の温度差が極めて少ない

健康的で快適で省エネな住宅を作っています。

暖かいリビングと寒いトイレや浴室の温度差に体がついていけない

ヒートショックで全国で年間14000人もの方がなくなっている。

交通事故で亡くなる方の2.4倍にもなります。

地球環境的にもそれぞれの生活環境的にもこれくらいの断熱は必要なんです。

昔からの慣習や家を安く売買するためにスカスカの住宅を作るのは

もうおわりにしましょう。

既存の日本庭園のもみじがきれいに紅葉してきました!

庭に木があると、季節の変化を楽しめて生活が豊かになる。

新緑の季節は若々しくてエネルギーを感じるし、花が咲けば

きれいでかわいいし、身がなれば面白いしおいしい。

消毒や剪定など手もかかるけど、それも含めて自然と共に

生活する感覚は大切だと思う。自然こそ根源だから。

なんでも人がコントロールできると勘違いしてはいけない。

もみじの下に水盤(池)を計画しています。

風に揺れる水面に木々が映りこむのが楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加