2019
17
Dec

未分類

エアコンの隠ぺい配管

以前、ダイニングキッチンのリフォームをお手伝い

させていただいたお客様から、今回は壁にカビが生えて

きたので原因を探してほしいとの依頼を頂きました。

部屋自体は結露などがなく、どうしてかなと周りを見たり

いつ頃からどのような状況で生えてきたか聞いたりしているうちに

エアコンの位置が外壁に面していないことに気づき、もしかしたら

ドレンの水が壁の中で漏れているのではということで、

壁をはがしてみました。

するとやはりドレン管が排水パイプから外れていて

壁の中にカビが生えていました。

この壁の裏側のエアコンもちゃんと排水できているか確認するため

隠ぺい配管の経路を探すために写真のように穴をいくつもあけながら

探し、やっと見つけて確認ができた。

エアコンのような機械設備は消耗品なので隠ぺい配管などは避け

出来る限り交換や点検がしやすい設置方法が必須だなと実感した。

出来た時のきれいさを求めて設備を裏に隠し込む納まりを

デザイナーの人たちはしがちだけど、住む人は将来困る可能性が高い。

メンテナンスと見た目のバランスをとり、しっかりと計画していきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加