2019
24
Dec

t house renovation

床下断熱

床の工事が始まりました。

床下にも厚さ110ミリの断熱材を設置し、居住空間を

断熱材でしっかり覆います。現場確認で断熱材に隙間が

空いていたので補修をお願いしました。

鉄骨造は凹凸が多く、鉄自体も熱伝導率が高いため

断熱工事がとても難しいですが、しっかりと性能が確保

出来るように現場を見ていきます!


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加