2020
24
May

t house renovation

完成間近

日野市リノベーションが完成間近となりました。

現場の方々が図面を細かい部分まで読み込んで作ってくれたおかげで

イメージ通りに出来上がっています。

このリノベーションでは無垢の素材をたくさん使うことが出来たため

その分より豊かな空間に仕上がっていると感じます。

現在の多くの建材は樹脂やプリントによる安価なフェイク素材が多く

コストを抑えるためにそれを使うことがほとんどだ。

フェイク素材は生活してみるとやっぱりさみしいもので薄っぺらく

無表情で愛着なんてわかない。また、処分するときも環境汚染につながりやすい。

安く、早く、を追い求め過ぎず、自然素材をみんなが使えるような仕組みを

作ることで、より豊かな住環境が広まり、環境にも優しい循環を作れる。

コストを抑えられる流通材を使って気持ちのいい、かっこいい、快適な空間を作り

それが広まっていくような活動をしていきたい。

オーク羽目板とヒノキの化粧垂木による装飾天井。

リビングのテレビ背面のタイル壁とその上部の間接照明用の細いスリット。

壁付け用のレンジフードを垂れ壁に設置し、独立型のフードに見せている。垂れ壁とキッチン腰壁の間に耐熱強化ガラスを設置する。

マットな質感と目地無しの彫りの深いタイル壁による玄関ポーチ。天井はタイルの質感に近いリシン吹付仕上。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加