2020
10
Jun

House_Oh

構造金物チェック

だいぶ熱くなってきましたね。

梅雨入りする前にある程度雨仕舞を済ませようと

段取り良く進めてくれています。

確認検査機関の中間検査を控え、構造体を緊結するための金物が設計通りに

施工されているかをチェックしてきました。地震や強風時に受ける力は

それぞれの柱や梁の位置によって異なるため、そこに必要な強度の金物を

配置しています。

とても大切な部分なので現場監督、設計者、確認検査機関、瑕疵保険会社

の4者でチェックをして正確に施工します。

20kNの引張りに耐える金物。

25kNの引張りに耐える金物。

バルコニーの下地が出来上がり、これから防水工事に入ります。

3階は眺めがいい!

上棟飾り。日本らしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加