2020
11
Jun

House_Oh、 断熱

断熱材搬入

工事監理をしている埼玉県川口市の木造3階建て住宅の現場に

1階床下の断熱材が搬入されました。

厚さ120ミリの高性能グラスウールを床下に充填し、床下からの冷気を断熱します。

この性能は省エネルギー基準で北海道地域の仕様に相当します。

ユニットバスの床下は構造上、基礎の内側で断熱をします。

ポリスチレンフォームの断熱材は白アリの被害を受けやすいため

防蟻タイプの断熱材を選定しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加