2020
4
Jul

House_Oh

防湿気密シート

断熱材の内側に防湿気密シートが施工されました。

室内の気密性を高めることと、冬に室内の湿気が壁の中に入り

外気で冷やされて壁内結露を起こすのを防ぐことが目的です。

通常の防湿気密シートは上記の機能のみですが

当事務所が指定するタイベックスマートは夏になると

湿気を通すようになり、外からの湿気と冷房の効いた室内

による逆型結露を防止できる機能を持っています。

壁の中の構造体が出来るだけ永く良い状態を保つために

このような部分の仕様は妥協しません。

天井の断熱材は高性能グラスウール厚さ24センチ!

この日は晴れて天井裏はとても暑かったですが、室内には

熱が伝わってなく、快適でした。

小屋裏の換気をするための幅1センチの通気口。

ここから外気を採り入れて、小屋裏が熱くなりすぎるのを防ぎつつ

小屋裏の木材が乾燥した状態を維持します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加