2022
31
May

未分類

光を取り込む

さいたま市のリノベーション。

もともとあった地下室は外からの光が入らない物置的な部屋でしたが、リノベーション後は居室として過ごせるようにしたいというご要望から、1階の床にスリット状開口を開けて光を取り込みます。パースを作っているだけでも光が入った瞬間「おっ」となったので実際は感動できる空間になりそうです。

リノベーションは断熱や耐震の性能を上げるために行うことが多いと思いますが、それらは当然満足しつつ、さらに生活が楽しく豊かになる提案をしていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加